えふえむのカキコ

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカの銃規制が難しい理由を考えてみました・B

<<   作成日時 : 2017/11/13 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もしアメリカの上院と下院で銃を持たないことが決まったとしましょう。そうなると国民の安全を守る手段を別に考えなければなりません。

アメリカの国土は日本の25倍もあると云われています。東西で3時間もの時差がある国ですから、如何に国土が広いことが伺えます。勿論、南北も東西よりは短いものの、広大であることに違いはありません。

さて、そんな広大な国土には約3億人の人口しかいません。25分の1の国土に1億人もいる日本と比べたら如何に少ないかが判ります。隣の家まで自家用プロペラ飛行機で行くなんて話がありますが、なるほど其れだけの国土であれば十分に頷けます。

然し乍ら、それだけの国土を守るとなると壮大な人員と国家予算が必要になります。下手すれば其れだけで予算の大半を占めてしまうでしょう。

ranger
ranger / dek wid

国を守るのが国や州の役目になると警備隊が必要になります。当然ですが現状の人数では足りません。かなりの増員をして昼夜2交替ないし3交替ができるようにしなければなりません。たとえ何処からの侵入がなく平々凡々な状態でも彼らは警備の仕事をしなければなりませんし、その対価を国や州は払わなければなりません。

ただでさえ莫大な借金を抱えているアメリカが、こんなことに国家予算を出せるでしょうか。どう考えても馬鹿げていると思いますし、大多数の国民が同様のことを思うでしょう。

仮に実現したとしても、途中で財政難から警備隊もボランティアを募るとなったら、もうその時点で元の木阿弥、現在の状態と同じことになるのです


〜Cに続く〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカの銃規制が難しい理由を考えてみました・B えふえむのカキコ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる