それでも意見は割れてしまいます



先日まで銃の規制に関するブログを書いてきましたが、この記事に拠れば本国でも規制に対しての賛同の声が高まってきている様です。以前より重大な銃犯罪が期間も置かずに頻発している現実に対して、さすがのアメリカ国民も黙ってはいられなくなった訳です。

勿論、簡単に人の生命を奪ってしまう銃による犯罪を防ぐには自国民が気付き、そして行動を起こさなければなりません。私を含む日本人が声高に叫んでも所詮は内政干渉に過ぎないのですから。

然し乍ら、規制に対して賛成の声が高まってきても、それだけでベクトルが変わらないことが記事から読み取れます。やはり銃によって受けた恩恵があるだけに、それを差し置いて規制賛成とはいかない訳です。

確かに前回の調査よりは数字は拮抗してきています。なんとかしなければならない焦りがあるからこそでしょう。

とはいえ、更に拮抗してもフィフティ・フィフティが限界で、仮に賛成が反対を超えた時に、果たして『それからの防犯対策』に対して如何なる策が施せるのかが気になるところです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント