これではますますコンビニのテナント離れが進むでしょうね

そもそも20年間も継続できたのですから、経営的には何ら問題がなかったと思います。あくまでテナント賃料の折り合いがつかなかった訳ですね。

テナントに入るのは建物を作る必要性がないので初期投資は低くできますが、貸す側との契約問題が必ずやってくる訳です。今回の様な事態に遭わない為には、やはり自前の店舗を構えるしかないですね。

現実問題として、今までテナントで営業していたコンビニエンスストアが続々とテナントを離れて完全に独立した店舗で再開するケースが増えてきています。

私の知る限りでも4~5店舗が其れを実践し実現しています。



やはりテナント賃料が高騰してくれば、自前の店舗を建てた場合のローン返済額と大差がなくなってくる訳です。それならば既存のスペースで窮屈な思いをせずに自前の店舗でノビノビと経営する道を選ぶのは当然の成り行きだと思うのです。

このローソンの後がどうなるのか判りませんが、撤退理由がテナント賃料であったことが露呈してしまうと、新たな利用者は二の足を踏むでしょうね。

こんな時代に安定且つ安心な店舗経営をしてくれる企業なんて早々には見つかりません。仮に貸す側の満足がいく賃料を払える利用者が入ったとしても安定と安心が得られない可能性は高くなります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント