不信感を払拭するには『なにを以て還元するか』だと思うのです


私を含め、大多数の人がJASRACが“著作権の取り持ちが主な役目”という認識しかないと思うのです。だからこそ普段から表立ったことはせず、ただ只管に楽曲利用者から著作料を徴収し著作者に支払っているだけの存在という認識しかないと思うのです。

確かに著作権は守られるべきだと思いますし、表立って楽曲を利用した際には著作権料を支払うのも致し方ない部分はあると思うのですが、やはり利用者に対しての何らかの【還元】が必要だと思うのです。

もし前々からJASRACが何らかの還元を行っていたら今回の様な騒動にはなっていなかったと思います。ここまで(目に見える形で)利用者に対して考えてくれるのであれば著作権料の値上げも致し方ないと受け入れたと思います。

今日までJASRACが大々的に何かをしたというニュースを見聞した記憶がありません。出てくるのは利用者側の著作権料の値上げに対する反対意見ばかりです。

そもそもJASRACが値上げしたいのは、楽曲の売れ行きが悪く者作者側から不満が出ていたからだと思うのですが、売れる売れないの話は本当に心から後世に遺したいと思わせるだけのものを遺せずにいる現実が其のようにしている訳で、繋ぎ合わせた様な曲や歌唱力がダメダメな人間に歌わせて真っ当な料金を取っている風潮が背景にあると思います。

しっかりとした歌唱の基礎があり、思いを込めた作詞と作曲をしたものは簡単には色褪せません。昭和時代の曲が未だに高く評価されているのは其の最たるものではないでしょうか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント