このままなら広島カープの優勝だけで終わるべき

セントラル・リーグは広島カープだけが勝率5割を越えていて、残りの5球団が軒並み5割に満たない(負け越し)状態になっている。

今まで長い期間、途中から興味が薄れてもプロ野球の動向は見てきたと思うのだけれど、ここまで酷い状態は初めてではないだろうか。残り試合も少なくなり、あと10日間もすれば最終的な順位も確定するだろうけど、下手すれば5割に満たない2位と3位がクライマックス・シリーズに出場することになる。

正直なところ、5割に満たない2位と3位が戦う意味が何処にあるのかと思う。もっとハッキリ記せば、5割に満たないチームにクライマックス・シリーズに出場する資格があるのだろうかと思ってしまう。

やはりプレーオフという位置付けである以上、上位チームと戦うには最低でも勝率5割は越えていないと話にならない。況してや、過去には何度も1位のチームが下位チームに敗れて日本シリーズに行かれなかったこともあるから、そこにきて5割に満たないチームが勝ち上がってしまったらレギュラーシーズンでの1位の意味がなくなってしまう。

広島カープは春のキャンプでシーズンを戦う為の体力を付け技術を磨いて今季に臨んでおり、その結果が1位という成績になっている。そもそも広島カープの練習量は半端ないことで有名だ。

身体と技術を鍛え上げ厳しい練習にも耐えてきた中で掴んだ1位という順位を、いくらシーズン終盤に勢いが出てきたとはいえ、勝率5割に満たないチームに日本シリーズ出場を拐われたら総てが水泡に帰してしまう。

勿論、そうならない為に戦うとはいえ、どれだけ其処にアドバンテージがあろうとも、レギュラーシーズン順位の焼き直しに心血を注ぐのは無意味に等しい。

以前にアメリカのMLBでサンディエゴ・パドレスが82勝80敗で地区優勝したことがあるけれど、その後でパドレスが戦う相手は各地区の上位及び最高勝率の2位であって、まず5割以下のチームが出場することがない。とはいえ、やはり5割そこそこのチームが勝ち上がるのは難しく地区シリーズであっさりと敗退したけれど、それでも地区優勝したという【事実】は揺るがない。

選手にとって優勝した事実は年俸に大きく影響するだけに、せっかく掴んだ1位が勝率5割に満たないチームに引っくり返された挙げ句にレギュラーシーズンで優勝した事実さえ消されてしまうのなら、いったい何の為に野球で飯を食っているかさえ判らなくなってしまう。

最低限必要な勝率5割をクリアできていない場合は1位チームがそのままクライマックス・シリーズなしに優勝にするべきだし、それをしなければプロ野球の未来が本当に消滅してしまう。その分岐点が間近に迫っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0