それでも神様は神様ですからね


確かに阿鼻叫喚な結末を迎えてしまった現場に初詣というのは気が引けて当然かと思います。私でも初詣の場としての選択はしないでしょうね。

ですが、今回の事件は神様が仕出かしたものではなく、神に仕える側のものですから神様そのものには何ら問題はないと思うのです。

況してや既に事件の痕跡は片付けられており、人々の記憶の中にだけ事件の話が入っているだけなのですから、必要以上に神経に障るのは今年まででしょう。それ以前の東京大空襲で下町の大部分で死者が出ている訳なのですから、一々気にしていたら身体が持ちませんよ。

第一、神様の役目は"最後の一押し"なんです。普段は人間がやらなければならない訳です。それをしないで神様に丸投げしても、そこまで神様も親切ではありません。

きちんとやるべきこと、即ち国民が未来永劫に於いて変に悩まず苦心せずに生活できる為に欠かせないことをするしか術はないのです。

この世にはヒーローもスーパーマンもいません。どアナログな人間しかいないんです。その人間が1つずつ問題を解決し乗り越えなければ未来なんて来ませんし、神様からの最後の一押しもありません

"それでも神様は神様ですからね" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。